ほし子わーるど

わたしの脳みそのなかみ

コーヒー×昼寝で午後の眠気が吹き飛ぶよ!【コーヒーナップ】

 

ほし子です。


f:id:mushidango:20181207134428j:image

 

午後って眠くてだるいのに仕事が・・・用事が・・・ってなりませんか?

私がよくやる方法で、お昼休みなどにコーヒーナップということを実践すると午後もめちゃくちゃ仕事が捗るんで世のサラリーマンや主婦に教えてさしあげたい。

 

 

結論から言うと、コーヒーを飲んでから軽い昼寝をすると眠気がふっとび午後の集中力ややる気がアップするよっておはなしです。

 

私のような自堕落な人間でも、今日頑張りたい!って時にコーヒー1杯飲んで20分昼寝して午後に挑むと気づくとめちゃくちゃ集中して勉強できてたりしてやっぱやっぱ凄いなあって思います。笑

 

実はコーヒーってだらだら飲んでちゃ効かないんですよ!知ってました?

 

 

そしてコーヒーと昼寝を組み合わせるコーヒーナップは、コーヒー単体や昼寝単体より優れた効果があるという研究結果があるそうです。

 

 

詳しくは目次にまとめましたのでどうぞ↓↓

 

 

 

 

コーヒーナップとは?

 

コーヒー(カフェイン)ナップ(昼寝)

 

コーヒーなどのカフェインを摂り、その後すぐ20分間の昼寝をするやり方です。

 

カフェインが脳に届くのは約20分後だそうで、その間昼寝をすることで

睡眠で脳の疲労物質が消えたところに起きたらカフェインがどーん!とやってくるので

 

頭がクリアになり、午後の仕事のやる気や集中力がアップするそうです。

 

 

 

カフェインと睡眠のしくみ

 

疲労物質はアデノシンといい、疲れるとこのアデノシンが発生します。

 

そのアデノシンが、アデノシン受容体というところにくっつくと疲労しだるさや眠気がやってきます。

アデノシンは寝ることでしか消えないそうです。

 

しかし実はカフェインはアデノシンと形(分子構造)がそっくりなのです。

 

 

 

なので昼寝をしてアデノシンが消えたアデノシン受容体に、そっくりな形のカフェインがくっついてしまうので

 

昼寝から起きて仕事をはじめてまたアデノシンが発生しても、アデノシン受容体にはカフェインが蓋をしているので

疲れないで仕事に集中できるわけです。

 

 

 

コーヒーナップのやり方

 

午後頑張りたい人は昼休憩などにやりましょう。あとは疲れたなっていう時にやるとオススメ。そのあとシャキッと動けますよ。

 

 

基本的には、コーヒー1杯分くらいを一気に(ここ重要)飲み

その後すぐ昼寝にはいります。

 

アラームを20分後にかけるのを忘れずに!

 

 

たったこれだけ!

 

 

 

コーヒーは一気に飲む

 

だらだら飲んでいると飲んでるあいだに20分経っちゃって意味ないです。笑

コーヒーの量はマグカップ1杯分くらいで全然大丈夫で、砂糖とかは入れないほうがいいですよ~。

 

ちなみにカフェインの錠剤なんかでもいいみたいです。エナジードリンクなどは砂糖たっぷりなのでNG。

 

そんでオススメのコーヒーの入れ方。

インスタントコーヒーをティースプーン1杯と、水を注いだら

かきまぜないで!レンジでチンすると

コーヒーの香りがすごくたって美味しいですよ~

 

 

 

うとうとするだけでも良い

 

頑張って寝ようとしなくても大丈夫です。

 

私は20分なんかで絶対寝れないので、うとうとしてるだけですが

このうとうとしているだけでも疲れってとれるらしいですよ。

 

リラックスできる状態になってるかが大事。

あんまり物事考えたりしないでぼーっとするのがいいと思う。

 

オフィスの机で突っ伏して寝るでもOK。笑

 

 

 

BGMはダメ

 

音楽に気をとられたりしてしまうのでできれば静かな環境でリラックスしましょう。

 

 

 

まとめ

 

カフェインや睡眠の仕組みがわかると、普段だらだら飲んでいるカフェオレとかカフェラテって効いてないんだな~っていうのがわかりますね。笑

 

エナジードリンクなんてプラシーボ効果でなんとなく元気になってる?ってなっているだけなんですね。(^_^;)

 

 

そんなわけで午後も頑張りましょう!